ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)

 

ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)

 

categories

Utsuwa 【34】
Glass 【04】
Shinamono 【46】
Note【06】
Shuki【15】
Hokuou 【39】
Huruimono【10】
Zakki 【18】
Zakki 2010-2013【42】
Keisai【13】
Goaisatsu【36】
Oshirase2017【06】
Oshirase2016【17】

Oshirase2015【19】

Oshirase2014【19】
Oshirase2013【17】
Oshirase2012【23】
Oshirase2011【18】
Oshirase2010【22】

 

Facebook ページ ギャラリー北欧器

instagram ギャラリー北欧器

 

archives

2017 | 07【03
2017 | 06【02】

2017 | 05【03】

2017 | 04【05】

2017 | 03【03】

2017 | 02【02】

2017 | 01【03】

2016 | 12【03】

2016 | 11【03】

2016 | 10【05】

2016 | 09【04】

2016 | 08【04】

2016 | 07【07】

2016 | 06【04】

2016 | 05【02】

2016 | 04【04】

2016 | 03【04】

2016 | 02【02】
2016 | 01【03】

2015 | 12【02】

2015 | 11【03】

2015 | 10【04】

2015 | 09【04】

2015 | 08【03】

2015 | 07【04】

2015 | 06【04】

2015 | 05【03】

2015 | 04【04】

2015 | 03【04】

2015 | 02【04】

2015 | 01【03】

2014 | 12【04】

2014 | 11【04】

2014 | 10【03】

2014 | 09【03】

2014 | 08【04】

2014 | 07【02】

2014 | 06【02】

2014 | 05【05】

2014 | 04【03】

2014 | 03【03】

2014 | 02【03】

2014 | 01【04】

2013 | 12【04】

2013 | 11【03】

2013 | 10【06】

2013 | 09【03】

2013 | 08【07】

2013 | 07【07】

2013 | 06【04】

2013 | 05【03】

2013 | 04【05】
2013 | 03【06】
2013 | 02【06】

2013 | 01【09】

2012 | 12【04】

2012 | 11【04】

2012 | 10【05】

2012 | 09【08】

2012 | 08【10】

2012 | 07【06】

2012 | 06【03】
2012 | 05【08】
2012 | 04【03】
2012 | 03【05】

2012 | 02【04】
2012 | 01【05】
2011 | 12【04】
2011 | 11【06】

2011 | 10【07】
2011 | 09【05】
2011 | 08【03】
2011 | 07【04】
2011 | 06【04】
2011 | 05【05】
2011 | 04【04】

2011 | 03【03】
2011 | 02【06】
2011 | 01【04】
2010 | 12【05】
2010 | 11【05】

2010 | 10【06】

2010 | 09【05】

2010 | 08【04】

2010 | 07【07】
2010 | 06【06】
2010 | 05【06】

2010 | 04【09】

2010 | 03【18】

2010 | 02【03】

 

 

お問い合わせはこちらまで

※法人のお客様はこちら

 

 

 

 

 

 

 

2013 | 1_31 | Thursday

Edward Hald(エドワルド・ハルド)とSimon Gate(シーモン・ガーテ)

Edward Hald(エドワルド・ハルド

Edward Hald(エドワルド・ハルド

Simon Gate(シーモン・ガーテ)

Glassのコーナーがしばらくお休みでしたので、続きをご紹介したいと思います。前回などの記事を読み返してみますと、何が書いてあるかよくわからない文章でしたので(いつもひどいのですが、これはあまりにもひどい、夏の暑さでトロけていたようです)加筆修正完了しております。

今回はグラール技法を開発していった二人の巨匠、Edward Hald(エドワルド・ハルド)とSimon Gate(シーモン・ガーテ)についてご紹介いたします。オレフォス工房がはじめて芸術家を雇ったのが、1916年と1917年で、それが二人の巨匠ハルドとガーテでした(とくにハルドは、アンリ・マチスの弟子)。それまでのオレフォスは、簡素な食器や吹きグラスをメインに制作していましたが、オーナーと取締役の先見の明により、将来、芸術性の高いグラスが有望であることを早い時期に見抜き、吹きグラスのマスターと芸術家を採用しはじめました。1922年には装飾技術者を養成する学校も設立しています。入社後ハルドとガーテは、吹きグラス職人と連携をしながらグラール技法を完成させ、数々の美しい文様パターンを表現していくことになります。しかし時代はアールヌーボー期ですので、二人の初期作品はガレやドームの模倣から始まっていました。とは言うものの、この模倣作品が凄まじい完成度になっておりまして、まさにエレガントな芸術品。怪しさも兼ね備えた、絵も言わぬ美しさなのですが、現存数も少なく高価なため、なかなかお目にかかれません。上のお写真二つが、ハルドの代表的なグラール技法の作品たちで、1949年の作品です。1910年代〜30年代のエレガント色を削ぎ落とし、シンプルにパターン化した絵柄の、完成形に近いものでしょうか。小さい碗のサインには、大学での講義記念の文言が入っておりまして、この時期にはすでに巨匠となって、尊敬の眼差しをうけていたようです。3枚目のお写真はガーテの黒い高台シリーズで、1930年代のものです。こちらはグラス食器として、様々な形状が黒の高台に統一されてデザインされたもので、このシンプルさが欧米の人に受け、絶大な評価を得たガーテのヒット作です。二人共にグラス食器でもその才能を発揮しており、いくつものデザインを手がけていまして、その評価がオレフォスを世界のオレフォスへと飛躍させていきました。

|-|

 

 

 

 

2012 | 8_29 | Wednesday

Sven Palmquvist(スヴェン・パルムクヴィスト)

Oreffors(オレフォス)Sven Palmquvist(スヴェン・パルムクヴィスト)

Oreffors(オレフォス)Sven Palmquvist(スヴェン・パルムクヴィスト)
上記二つはラヴェンナ技法を使ったグラスたち

Oreffors(オレフォス)Sven Palmquvist(スヴェン・パルムクヴィスト)
小さな気泡を閉じ込めるクラーカ技法は唯一無二

Oreffors(オレフォス)Sven Palmquvist(スヴェン・パルムクヴィスト)
定番のグラール技法でもその力を発揮しております 

 

前回グラスのコーナでご紹介したのはアリエル技法でしたが、今回はSven Palmquvist(スヴェン・パルムクヴィスト)という作家を通して、3つの技法をご紹介いたします。パルムクヴィストという作家は1928年に入社後、1971年までOreffors(オレフォス)工房に在籍しておりまして、初期から後期までの、まさに黄金期を支えた唯一のキャリアの持ち主です。彼のお蔭でOreffors(オレフォス)工房が世界に名だたるグラスメーカーになったと言っても過言ではありません。彼の作歴を見ると、ほとんどの技法の最高傑作が見えてきます。

写真上二つがラヴェンナ技法と呼ばれるもので、イタリアのラヴェンナ市にあるモザイク画から着想されました。1948年に、はじめてパルムクヴィストによってデザインされています。ガラスを被せて何層にもなった板状のガラスに、サンドブラストで文様を刻み、その溝に色ガラスのカレット(ガラスくず)を詰め加熱、最後は大理石の型に押し込んで、この動きのある形に成形をしています。この黄色く光り輝く部分は、ガラスのくずによって表現しているのですね。このラヴェンナ技法の器はフリーベリの動きのある器に似ていて、以前からそれと比べて見ておりまして、何とも厚ぼったく野暮ったい形だなぁと思っていたのは、正直なところです。しかし、実物は訳が違いました。吸い込まれるような青の光で、まるで至極の宝石のような輝き、さらに凄まじい緊張感もありました。この芸術品には、この厚さもまたしかり。凄みのためには必要なのだとの結論です。陶芸とは別物でありました。

お写真三つ目がクラーカ技法と呼ばれるものです。ヴァイキングの物語サガに登場する、金髪の美女の名前から名付けられました。物語ではヴァイキングの英雄ラグナル・ルードブルーグの前に魚網をまとって現れた美女、ということから名付けられたそうです。1944年にパルムクヴィストによって開発された技法で、小さな気泡が、編み目模様の先端一つ一つに閉じ込められている不思議な技法。目の細かい網をガラス表面に被せ、サンドブラストした後に再加熱して成形すると、気泡がガラスの溝の部分に閉じ込められ、この不思議な表現を、可能にしております。形も花器から皿状まで色々なタイプのものが制作されております。

最後に、グラール技法です。グラールという言葉はボウルや大皿を意味する、中世ラテン語から来ておりますが、伝説によれば「グラール」とはキリストが磔刑に処されたときに、その血を集めた壺であり、聖杯という意味があるそうです。1916年頃に巨匠シーモン・ガーテと、吹きグラス職人のクヌート・ヴェリクヴィストにより開発されました。色ガラスを一層または数層にわたって、梨型のガラス塊に被せかけて、冷やした後、カットなどの装飾を施します。そして再加熱して鉄台の上で転がして、思い通りの形に成形をするものです。見た目はシンプルながらも、かなり手の込んだ技法です。このグラール技法は、もう一人の巨匠エドワルド・ハルドによって開発が進められ、名作を生み出していきますが、今回は長くなりますのでハルドの時にもう一度ご紹介いたします。パルムクヴィストでは、この技法を用いた作品は少ないのですが、上の写真の形で違う絵柄のものは、数点見受けられます。この波紋のような文様を見ておりますと、やはりパルムクヴィスのデザインは凄腕だと関心いたします。中毒性のあるウネリは、本物の水面を見ている錯覚に陥りまして、その力量の高さが伺える逸品です。

|-|

 

 

2012 | 7_19 | Thursday

ブログ項目にGlassを追加いたしました

Oreffors(オレフォス)Edvin Ohrstrom(エドヴィン・エールシュトレム)

Oreffors(オレフォス)Edvin Ohrstrom(エドヴィン・エールシュトレム)

Oreffors(オレフォス)Ingeborg Lundin(インゲボルグ・ルンディン)

先日オープンしましたグラスギャラリーでございますが、ご説明がほとんどありませんのでその補間の項目をブログに追加させていただきます。スウェーデンのアートグラスは、毎度お世話になっておりますかたちのかたちのカタチさんが以前からご紹介しておりまして、こちらのブログにて様々なガラスたちの解説を見ることができますので、ぜひご覧くださいませ。

ブログのGlassでは始めに、アリエル技法のご紹介をしたいと思います。もっとも美しく一番目を引く技法でして、まさにスウェーデンモダングラスの王様と言っても過言ではありません。ガラス工場のOrrefors(オレフォス)で1930年代に発明され、後にそのほかの工房にも伝わっていきました。見た目通り、不思議な水泡の絵柄の美しさが、ダイレクトに伝わってまいりますので、世界共通で評価がたいへん高いものです。アリエル技法は、シェイクスピアの戯曲「テンペスト」に登場する、不死の空気の精霊の名から名づけられたそうで、その名の通りガラスの気泡で思い通りの絵柄を作り、その上からさらにガラスで巻き取って、一つのオブジェを完成させております。そのためグラスは大変分厚く、鉄アレイのような強烈な重さがあります。当時は、画家や彫刻家をデザイナーとして工房に入れたため、思い通りの絵柄をガラスで表現できるということには、作家達にとっても表現の幅が広がり、結果として世界的な評価も獲得して大成功をおさめました。アリエル技法といえば作家のEdvin Öhrström (エドヴィン・エールシュトレム)が真っ先に思い浮かびます。お写真一番上と、二番目のガラスがエールシュトレムの作品ですが、女性が見つめる窓の先に鳩が飛んでいる、何とも物悲しくも美しい情景のものと、シンプルな鎬パターンのもの。押し並べてヨーロッパの作家たちの絵柄は、神話やオペラなどから採用されているようですが、いまだ勉強不足でして、どの場面からなのかまではよくわかっておりません。三枚目がIngeborg Lundin(インゲボルグ・ルンディン)のもので、深海の泡がわき出してくるような、洗練された大変美しい作品。当時は紅一点だった?と思いますが、女性作家らしく透明感のあるシンプルで美しい作品が特徴的で、フリーベリの器にも似たような共通の美しさがあります。エールシュトレムとともに、世界での評価が大変高い作家です。

|-|

 

 

 

2012 | 7_15 | Sunday

ギャラリー北欧器にGlass Galleryを新設いたしました

Oreffors(オレフォス)Ingeborg Lundin(インゲボルグ・ルンディン)

ギャラリー北欧器のGalleryにて、
スウェーデンのアートグラスを中心にご紹介する、
Glass Galleryを新しくはじめることとなりました。

Orrefors(オレフォス)工房やKosta(コスタ)工房を中心とした
ミッドセンチュリー期のモダンデザインガラスの最高傑作たちを
少しずつではございますが、ご紹介してまいりたいと思っております。

どれも至極の名品を取り揃えました。
どうぞご高覧くださいませ。

|-|

 

 

Copyright(C) Hokuouki All Right Reserved.