ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)

 

ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)

 

categories

Utsuwa 【34】
Glass 【04】
Shinamono 【46】
Note【06】
Shuki【15】
Hokuou 【39】
Huruimono【10】
Zakki 【18】
Zakki 2010-2013【42】
Keisai【13】
Goaisatsu【36】
Oshirase2017【06】
Oshirase2016【17】

Oshirase2015【19】

Oshirase2014【19】
Oshirase2013【17】
Oshirase2012【23】
Oshirase2011【18】
Oshirase2010【22】

 

Facebook ページ ギャラリー北欧器

instagram ギャラリー北欧器

 

archives

2017 | 07【03
2017 | 06【02】

2017 | 05【03】

2017 | 04【05】

2017 | 03【03】

2017 | 02【02】

2017 | 01【03】

2016 | 12【03】

2016 | 11【03】

2016 | 10【05】

2016 | 09【04】

2016 | 08【04】

2016 | 07【07】

2016 | 06【04】

2016 | 05【02】

2016 | 04【04】

2016 | 03【04】

2016 | 02【02】
2016 | 01【03】

2015 | 12【02】

2015 | 11【03】

2015 | 10【04】

2015 | 09【04】

2015 | 08【03】

2015 | 07【04】

2015 | 06【04】

2015 | 05【03】

2015 | 04【04】

2015 | 03【04】

2015 | 02【04】

2015 | 01【03】

2014 | 12【04】

2014 | 11【04】

2014 | 10【03】

2014 | 09【03】

2014 | 08【04】

2014 | 07【02】

2014 | 06【02】

2014 | 05【05】

2014 | 04【03】

2014 | 03【03】

2014 | 02【03】

2014 | 01【04】

2013 | 12【04】

2013 | 11【03】

2013 | 10【06】

2013 | 09【03】

2013 | 08【07】

2013 | 07【07】

2013 | 06【04】

2013 | 05【03】

2013 | 04【05】
2013 | 03【06】
2013 | 02【06】

2013 | 01【09】

2012 | 12【04】

2012 | 11【04】

2012 | 10【05】

2012 | 09【08】

2012 | 08【10】

2012 | 07【06】

2012 | 06【03】
2012 | 05【08】
2012 | 04【03】
2012 | 03【05】

2012 | 02【04】
2012 | 01【05】
2011 | 12【04】
2011 | 11【06】

2011 | 10【07】
2011 | 09【05】
2011 | 08【03】
2011 | 07【04】
2011 | 06【04】
2011 | 05【05】
2011 | 04【04】

2011 | 03【03】
2011 | 02【06】
2011 | 01【04】
2010 | 12【05】
2010 | 11【05】

2010 | 10【06】

2010 | 09【05】

2010 | 08【04】

2010 | 07【07】
2010 | 06【06】
2010 | 05【06】

2010 | 04【09】

2010 | 03【18】

2010 | 02【03】

 

 

お問い合わせはこちらまで

※法人のお客様はこちら

 

 

2013 | 12_18 | Wednesday

「緑青ROKUSHO vol.8 ミッドセンチュリー 北欧の器」が発売になりました

「緑青ROKUSHO vol.8 ミッドセンチュリー 北欧の器」

「緑青ROKUSHO vol.8 ミッドセンチュリー 北欧の器」

マリア書房が以前より発刊しておりました古美術書籍、緑青(りょくしょう)のシリーズで、この度、北欧の器を丸々一冊フィーチャーいただきまして、日本では初となります、ミッドセンチュリー期の北欧陶芸の本が発売となりました。愛知県陶磁美術館の「モダニズムと民藝 北欧のやきもの」展と併せまして、陶磁美術館の学芸員の方にご協力を賜りまして、今まで謎が多かった、この時代の北欧陶芸の背景や解説も載せられており、また作家別に、ガラスも含めました作品の写真が多数掲載されております。さらにルーサイトギャラリーでの北欧陶器茶会の様子や、福岡彩子さんの器の紹介等、内容盛りだくさんにて仕上がっております。私も今回、図版を提供させていただいておりまして、少々お手伝いをさせていただきました。素人写真をここまで美しく整えて、きっちりと仕上げていただきまして、マリア書房、編集の渡辺さんには感謝感激でございます。こちらの「ミッドセンチュリー 北欧の器―緑青ROKUSHO〈vol.8〉」は、「緑青」を扱っております、全国の書店や、マリア書房のオンラインショップ等で購入いただけますので、ぜひ一度、ご覧いただければ幸いでございます。

|-|

 

 

 

 

 

2013 | 12_11 | Wednesday

モダニズムと民藝 「北欧のやきもの展」 於 愛知県陶磁美術館

開館35周年記念 企画展 「モダニズムと民藝 北欧のやきもの」展  【1950's-1970's デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド】

来る2014年の1月11日(土)より3月23日(日)まで、愛知県陶磁美術館に於いて、開館35周年記念 企画展 「モダニズムと民藝 北欧のやきもの」展【1950's-1970's デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド】が開催されることとなりました。今まであまりフィーチャーされることのなかった、1950年代〜70年代の、北欧陶芸作品を中心とした展覧会で、日本の民藝運動やアーツアンドクラフツ、バウハウス等との繋がりを紐解きつつ、北欧4カ国全体を俯瞰しながら、その黄金期の最高傑作たちが展示されます。個々の国の、窯ごと、作家ごとでの注目は、皆様にはお馴染みのベルント・フリーベリをはじめ、既にお見知り置きの通りでありますが、ここまで総合的かつ大規模な展覧会は、おそらくは世界初の試みではないでしょうか。展示作品は、宮内庁三の丸尚蔵館や、京都国立近代美術館、日本民藝館、兵庫陶芸美術館等、日本の蒼々たる美術館に所蔵されていた作品たちが目玉でして、しかも実際は、注目されることなく収蔵庫に埋もれていたということですから、数十年ぶりのお披露目は何とも有り難い限りです。またこの展覧会がきっかけとなり、今まで埋もれていた北欧モダニズム陶芸作品たちが、さらに注目をされ、世界的再評価の流れになっていくのではと期待もしております。今回私も、少々お手伝いをさせていただきまして、多くの皆様にも出展のお願いをしております。実際に展覧会がこうして開催されることになりまして、何とも感無量であります。皆様には心より御礼を申し上げます。来る新年の芸術探訪に、また名古屋観光に、ぜひ、足を運んでいただければ幸いでございます。

|-|

 

 

 

 

 

2013 | 10_24 | Thursday

『スカンジナビアンモダンクラフト ベルント・フリーベリとその周辺』に少々伺ってまいりました

berndt friberg ベルント・フリーベリ

伊勢丹 新宿店にて開催中の「スカンジナビアンモダンクラフト~ベルント・フリーベリとその周辺~」へ少々ではございますが、お邪魔してまいりました。デザインウィークということもございまして、平日にもかかわらずたくさんの人でごった返しておりまして、イベントスペースは盛況でありました。マリメッコの限定商品のコーナーには長蛇の列が…これはすごいです。またフリーベリにもかなりのスペースを使っていただいて、私としましてはそれだけで感謝感激であります。上のお写真は出展作の一部たちでありまして、到底すべては載せきれませんが、大振りな作とミニチュアを合わせまして130点ほど、オレフォスのガラスも良いものを15点ほど出展をしております。ここまで一堂に会しての展示は、滅多にございませんので、この機会にぜひ足を運んで実際にご覧いただければ幸いでございます。
その他のコーナーでは、フリーベリの展示をしております5Fグローバルダイニングの奥、へうげもののコーナーがございまして、そこでは若い陶芸家の方が作品を発表しておりました。最近方々で名を伺う、二階堂明弘さんの作品はとくに秀逸で、モダンな雰囲気も醸し出しつつ、且つ伝統を重んじているような作行きはかなり素晴らしく、器に一本筋の通った力強さが存在しておりました。極めて抽象的で感覚的ではありますが、これはまさに陶芸の肝のようなもので、フリーベリ作品の中にもあったり、時々無かったりする、不思議な力であります。最近あまり見ることが無い、肝っ玉が坐った器は見ていて気持ちが良く、何とも惚れ惚れするものです。こちらも併せてぜひご覧になってみてくださいませ。

|-|

 

 

 

 

 

2013 | 10_18 | Friday

『スカンジナビアンモダンクラフト ベルント・フリーベリとその周辺』

『スカンジナビアンモダンクラフト ベルント・フリーベリとその周辺』

『スカンジナビアンモダンクラフト ベルント・フリーベリとその周辺』

『スカンジナビアンモダンクラフト ベルント・フリーベリとその周辺』

10月23日(水)より11月5日(火)まで、今年で6回目となります、ISETAN MITSUKOSHI DESIGN WEEK 2013が開催されます。そのイベントの中でも、伊勢丹 新宿店にて「スカンジナビアンモダンクラフト~ベルント・フリーベリとその周辺~」が開催されることになりました。ベルント・フリーベリを中心に、ウィルヘルム・コーゲやグナー・ニールンド等、北欧ミッドセンチュリー期のアートピースを中心とした、何とも魅力の構成にてお届けとのことです。私も今回、少々お手伝いをさせていただきまして、フリーベリはミニチュアから大振りな作までを、そして普段はあまり外に出さない、オレフォスのガラス作品達などを、どどーんと出展しております。こちらのイベント、様々な催しが目白押しでございまして、どれから回ろうか目移りをしてしまいそうですが、器好きの方には他にも、「LIFE is ART ~ルーシー・リーにあこがれて」や日本橋三越での「古伊万里に魅せられて」等、現代作家がその技法を再現して器を作成する面白い試みも多数ございます。秋の芸術散策に、お近くにお越しの際はぜひ、足を運んでいただければ幸いでございます。

|-|

 

 

 

 

 

2013 | 8_24 | Saturday

ギャラリー北欧器のGalleryを更新いたしました。

Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ)

James Lovera(ジェームズ・ロベーラ) James Lovera(ジェームズ・ロベーラ) Edwin & Mary Scheier(エドウィン&メアリー シャイヤー)

ギャラリー北欧器のGalleryにて、
Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ)の器、91、92、93、94を更新いたしました。
またModern Pottery(モダンデザイン陶芸)の器、01、02、03、04を新たに開設いたしました。

ベルント・フリーベリは緊張感のある組み合わせや、
フォルムの洗練さが秀逸な作品たちを中心に掲載をしております。
とくに扁平花器たちは、フリーベリ作品の中でも圧巻の出来かと思います。
是非ご高覧くださいませ。

新設をいたしました、モダンデザイン陶芸はミッドセンチュリー期の同時代の作家たち、
とくにアメリカを中心とした作家たちをご紹介していく予定でございます。
ウィーン分離派の教育を受けた、オットー・ナツラーやルーシー・リーたちは
戦火を逃れアメリカやイギリスに移り、モダニズムの陶芸を開花させていきました。
とくにナツラー夫妻は30年代の黎明期から活躍し、
ミッドセンチュリー期の作家たちに与えた影響は絶大なものです。
その系譜を少しでも紐解いて参りたいと思っております。
こちらも併せまして、是非ご高覧くださいませ。

|-|

 

 

 

 

2013 | 7_28 | Sunday

ギャラリー北欧器のStockを更新いたしました

Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ)

暑中お見舞い申し上げます。猛暑あり、豪雨ありの不安定なお天気の毎日でございますが、いかがお過ごしでしょうか。毎度、遅れ気味になっております、ギャラリー北欧器のStockを更新いたしました。今回はフリーベリ作品40点以上を、すべて総取っ替えいたしまして更新をしております。どうぞ少しだけ大きな画像でお楽しみくださいませ。

|-|

 

 

 

 

2013 | 7_21 | Sunday

ギャラリー北欧器のGlass Galleryを更新いたしました。

Glass Gallery(グラス ギャラリー)24 Oreffors(オレフォス)Edward Hald(エドワルド・ハルド) Glass Gallery(グラス ギャラリー)25 Oreffors(オレフォス)Ingeborg Lundin(インゲボルグ・ルンディン) Glass Gallery(グラス ギャラリー)26 Oreffors(オレフォス)Edvin Ohrstrom(エドヴィン・エールシュトレム)

Glass Gallery(グラス ギャラリー)27 Oreffors(オレフォス)Edward Hald(エドワルド・ハルド) Glass Gallery(グラス ギャラリー)26 Oreffors(オレフォス)Edvin Ohrstrom(エドヴィン・エールシュトレム)

関東地方では、猛暑の後の少々しのぎやすい日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。暑い夏にほんの少しの涼を与える、Glass Galleryの24〜28を更新いたしました。スウェーデン、オレフォス社のアートグラス、頂点の逸品たちです。

とくにエドワルド・ハルド27の、グラール技法とアリエル技法を組み合わせた、1939年制作の大きなグラスは、スウェーデン芸術運動の先駆者、Gregor Paulsson(グレゴール・ポールソン)の50歳の誕生日に送られた品で、ハルドのハッピーバースデー云々の直筆サインが入っている、まさに博物館級の作品。ぜひご高覧いただければ幸いです。

|-|

 

 

 

 

2013 | 6_20 | Thursday

本日より「梅雨空の酒盃展」於 ELEPHANTがはじまりました

「梅雨空の酒盃展」於 ELEPHANT

「梅雨空の酒盃展」於 ELEPHANT

「梅雨空の酒盃展」於 ELEPHANT

「梅雨空の酒盃展」於 ELEPHANT

「梅雨空の酒盃展」於 ELEPHANT

関東地方もいよいよ梅雨本番の陽気となりました。本日もまさしく梅雨空の薄暗いお天気。まるで申し合わせたかのように「梅雨空の酒盃展」が、本日より表参道のELEPHANTにてはじまりました。静かな雨音を聴きながら、しっとりとした午後の時間を過ごすのも悪くありません。スウェーデンのベルント・フリーベリをはじめ、スティッグ・リンドベリ、ウィルヘルム・コーゲ等の景色よい盃たち、フィンランドの涼を感じます薄いガラスたちやアラビア作品、デンマークではサクスボー、パルシュスをはじめ、ロルフ・パルム、アネ・バーン、さらに個人窯など変わり種もご用意しております。2週間ほどの期間、開催をしておりますので、作品たちも少しずつ追加をしてまいります。お値段もしっとりリーズナブルな作をメインに揃えましたので、蚤の市感覚にてぜひ足を運んでいただければ幸いでございます。

|-|

 

 

 

 

 

2013 | 6_13 | Thursday

「梅雨空の酒盃展」於 ELEPHANTのお知らせ


梅雨空の酒盃展


昨年に引き続きまして、本年も表参道のELEPHANTにて夏のイベントを開催いたします。諸国漫遊「梅雨空の酒盃展」と題しまして、フリーベリをはじめとするスウェーデン諸窯、デンマーク、フィンランド等、酒盃に使える器たち(徳利も少々)を、100点以上一堂に集めてご紹介、販売をいたします。普段ほとんど知られておりません、謎の作家達の作も多数お持ちいたしますので、掘り出し物探しの感覚で、ぜひお楽しみくださいませ。皆様のお越しを、心よりお待ち申し上げております。

イベント期間は6月20日(木)〜7月10日(水)までとなっております。営業時間は平日は14時〜19時まで(火曜日定休)、土・日は12時〜19時までと変則的になっておりますので、どうぞ気をつけてお出かけくださいませ。 またこちらのイベント期間中は、私がELEPHANTに出張しておりますので品川はお休みとさせていただきます。御用の方は、お電話03-5460-6036/070-6674-5378またはmailにてご連絡くださいませ。


「梅雨空の酒盃展」
place : ELEPAHNT
date : 2013.06.20 THU-07.10 WED
open : 平日14:00-19:00 / 土・日12:00-19:00 / 火曜定休日
address : 150-0001 東京都渋谷区神宮前4-14-6表参道ハイツ103
access : 東京メトロ 銀座線・半蔵門線・千代田線 表参道駅 A2出口より徒歩5分
tel : 03-5411-1202

|-|

 

 

 

 

 

2013 | 6_9 | Sunday

ギャラリー北欧器のGalleryを更新いたしました。

Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ)Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Lucie Rie(ルーシー・リー)Carl Harry Stalhane(カール・ハリー・スタルハン) Carl Harry Stalhane(カール・ハリー・スタルハン) Sven Wejsfelt(スヴェン・ヴァイスフェルト)

ギャラリー北欧器のGalleryにて、
Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ)の器、86、87、88、89、90を、
Axel Salto(アクセル・サルト)の器、09を、
Carl Harry Stalhane(カール・ハリー・スタルハン)の器、06、07を、
Sven Wejsfelt(スヴェン・ヴァイスフェルト)の器、04を、
Lucie Rie(ルーシー・リー)の器、06の更新を、
そして暫く振りに、日本古陶磁の器、05、朝鮮古陶磁の器、05、06、07、08を更新いたしました。

今回の北欧作品はどれも、なかなかお目にかかれない名品ばかりが揃いました。
フリーベリの大振りの花器たち、伝世したサルトの花器、
スタルハンの1点物の大鉢、ヴァイスフェルトのピンク碗など、見所満載でお届けしております。
是非ご高覧くださいませ。

|-|

 

 

 

 

2013 | 3_14 | Thursday

ギャラリー北欧器のStockを更新いたしました

Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ)

常々、私の横着により遅れております、ギャラリー北欧器のStockを更新いたしました。関東での桜の開花が大幅に早まったようでして、桜が咲く前までにはと意気込んでおりましたが、隠りきりで1週間、何とか間に合いました。今回もフリーベリミニチュア作品を中心に更新をしております。フリーベリ以外のUPはまた後日になるでしょうか…。どうぞ少しだけ大きな画像でお楽しみくださいませ。

|-|

 

 

 

 

2013 | 2_19 | Friday

ベルント・フリーベリ展 追加作たち

Sven Wejsfelt(スヴァン・ヴァイスフェルト)

Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ)

吉祥寺のBellbetさんにて開催中の、ベルント・フリーベリ展も折り返し地点。残り1週間ほどとなりました。明日の土曜日より、追加予定の作たちを少々ご紹介いたします。上はSven Wejesfelt(スヴァン・ヴァイスフェルト)のミニチュアたちと、かわいいサイズの花器です。厳密には弟子ではありませんが、同じ窯の師弟対決でしょうか。フリーベリよりもお求めやすいのも魅力です。そして下のフリーベリ作品も10点ほどお持ちいたします。とくに覚めるような青が魅力の、コバルト釉の作品たちは必見かと思います。ミニチュアももちろんのこと。何とも良い品が集まりました。私も土日は店頭におりますので、お近くにお越しの際は、ぜひお立寄いただければ幸いでございます。

|-|

 

 

 

 

2013 | 2_15 | Friday

いよいよ明日よりベルント・フリーベリ展です

Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ)

明日16日より吉祥寺のBellbetさんにて、ベルント・フリーベリ展「造形美」がはじまりますので、本日は一足先に陳列をしてまいりました。器のフリーベリはさておき、やはりローズウッドの棚は最高です。木目の美しさや落ち着いたワインレッドが、器のフォルムだけをうまく引き立たせ、素晴らしい共鳴をしております。

Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ)

以前、craft_oneさんにお邪魔した際に、ワイン箱の中にこのように並べられたフリーベリを見まして感激した記憶があります、ちょうど良いガラスケースをご用意いただきましたので、アイデアを拝借です。人は覗き込む行為に何か特別な感覚があるのでしょうか、より美しく見えます。しかし写真で見ますと、列びがぐしゃぐしゃですので、明日直します。

Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ)

ボーエ・モーエンセンのチーク棚にも、よく合います。私は、家具のほうに興味津々です。明日、明後日は私もおりますので、ご説明や販売交渉をさせていただきます。お近くにお越しの際は、ぜひ足を運んでいただければ幸いでございます。

|-|

 

 

 

 

2013 | 2_12 | Tuseday

いよいよ16日(土)よりベルント・フリーベリ展がはじまります

Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ)

いよいよ今週の土曜日、16日より吉祥寺のBellbetさんにて、ベルント・フリーベリ展「造形美」がはじまります。フリーベリ作品の出展数は約50点ほどで、上のお写真の40センチを越える巨大な花器から、ミニチュア作品まで、珍品多数でご覧頂けます。その他にも、アクセル・サルトを少々、ルーシー・リーもお持ちする予定です。フリーベリ作品は、3週間の展示期間中に追加をしたいと思っておりますので、一度と言わずに二度三度、ぜひお越し頂ければ幸いでございます。

|-|

 

 

 

2013 | 2_2 | Saturday

ベルント・フリーベリ展「造形美」at bellbet吉祥寺店

ベルント・フリーベリ展「造形美」at bellbet吉祥寺店

来る2月16日(土)〜3月3日(日)まで、吉祥寺にあります北欧ビンテージ家具のお店、Bellbet吉祥寺店さんにておこなわれるベルント・フリーベリ展「造形美」に参加をいたします。同時代の北欧家具との組み合わせの展覧会は、北欧器では初めての試みでございます。本来のモダンデザインの空間に戻って来た、その美しさの共鳴をぜひご堪能いただければ幸いでございます。お品物も只今緊急に仕入れておりますので、間に合いますか、いささか心配ではありますが、初お披露目のお品も持っていければと思っております。ギリギリになりそうですが、お品物ご紹介はまた後日…。私も週末などは店頭におりますので、ご説明や販売交渉まで何なりとお声をおかけくださいませ。皆様のお越しをお待ち申し上げております。
また、ベルベットさんは日本の津々浦々まで、卸をするほど北欧ビンテージ家具の品数が豊富でして、リーズナブルなものから、フィンユールの最上級品まですべて揃います。私の好きなローズウッドの作品達が、いいんですか?!の驚きのお値段ですので、探していらっしゃる方々はフリーベリと共に、ぜひご覧になってみてくださいませ。

 

place :Bllbet 吉祥寺店
date : 2013.02.16 SAT - 03.03 SUN
open : 11:00-19:00 / 木曜定休日
address : 東京都武蔵野市御殿山1-5-7-2F
access : 吉祥寺駅より徒歩5分
tel : 0422-24-7953
作品協力:ギャラリー北欧器

|-|

 

 

 

 

2013 | 1_19 | Saturday

ギャラリー北欧器のGalleryを更新いたしました。

Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ)  Arne Bang(アネ・バーン) Arne Bang(アネ・バーン) Saxbo(サクスボー) Ingeborg Lundin(インゲボルグ・ルンディン) Sven Palmquvist(スヴェン・パルムクヴィスト) Ingeborg Lundin(インゲボルグ・ルンディン)

ギャラリー北欧器のGalleryにて、
Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ)の器、82、83、84、85を、
Glass Gallery(グラス・ギャラリー)の20、21、22、23、24の更新を、
そして、新しくDanish Pottery(デンマーク陶芸)のGalleryを新設いたしました。

デンマークの陶芸たちも、しっとりとした日本の雰囲気に合いまして、
器の持つ妖婉さも加わり、独特の美しい雰囲気を作ることができました。
スウェーデンの陶芸たちと見比べていただき、是非お楽しみいただければ幸いでございます。
またグラスギャラリーも、モダンデザインの頂点とも呼ぶべき大作が揃いました。
こちらも併せまして、是非ご高覧くださいませ。

 

また、StockにSwedish Glass(スウェーデンアートグラス)を新設いたしました。
グラスをご検討いただいておりますお客様は、
ぜひStockをご覧になりましてお声をおかけいただければ幸いでございます。

|-|

 

 

 

 

2013 | 1_7 | Monday

いよいよ明日より骨董ジャンボリー2013 New Yearです

Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ)

いよいよ明日1月8日(火)より東京ビックサイトにて行なわれる骨董ジャンボリーが迫ってまいりました。 ベルント・フリーベリの作品を中心に、デンマークの窯の作やスウェーデンのガラス作品などをお持ちいたします。すべて平日の日程でご迷惑をおかけいたしますが、ギャラリー北欧器の他にも、全国から500あまりの和洋アンティークディーラーが集まっておりますので、新しい年の骨董市散策にぜひ足を運んでいただければ幸いでございます。

|-|

 

 


 

Copyright(C) Hokuouki All Right Reserved.