ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)
ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)

 

ギャラリー北欧器:Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Axel Salto (アクセル・サルト)

 

categories

Utsuwa 【34】
Glass 【04】
Shinamono 【44】
Note【06】
Shuki【15】
Hokuou 【38】
Huruimono【10】
Zakki 【18】
Zakki 2010-2013【42】
Keisai【13】
Goaisatsu【36】
Oshirase2017【03】
Oshirase2016【17】

Oshirase2015【19】

Oshirase2014【19】
Oshirase2013【17】
Oshirase2012【23】
Oshirase2011【18】
Oshirase2010【22】

 

Facebook ページ ギャラリー北欧器

instagram ギャラリー北欧器

 

archives

2017 | 05【02】
2017 | 04【05】

2017 | 03【03】

2017 | 02【02】

2017 | 01【03】

2016 | 12【03】

2016 | 11【03】

2016 | 10【05】

2016 | 09【04】

2016 | 08【04】

2016 | 07【07】

2016 | 06【04】

2016 | 05【02】

2016 | 04【04】

2016 | 03【04】

2016 | 02【02】
2016 | 01【03】

2015 | 12【02】

2015 | 11【03】

2015 | 10【04】

2015 | 09【04】

2015 | 08【03】

2015 | 07【04】

2015 | 06【04】

2015 | 05【03】

2015 | 04【04】

2015 | 03【04】

2015 | 02【04】

2015 | 01【03】

2014 | 12【04】

2014 | 11【04】

2014 | 10【03】

2014 | 09【03】

2014 | 08【04】

2014 | 07【02】

2014 | 06【02】

2014 | 05【05】

2014 | 04【03】

2014 | 03【03】

2014 | 02【03】

2014 | 01【04】

2013 | 12【04】

2013 | 11【03】

2013 | 10【06】

2013 | 09【03】

2013 | 08【07】

2013 | 07【07】

2013 | 06【04】

2013 | 05【03】

2013 | 04【05】
2013 | 03【06】
2013 | 02【06】

2013 | 01【09】

2012 | 12【04】

2012 | 11【04】

2012 | 10【05】

2012 | 09【08】

2012 | 08【10】

2012 | 07【06】

2012 | 06【03】
2012 | 05【08】
2012 | 04【03】
2012 | 03【05】

2012 | 02【04】
2012 | 01【05】
2011 | 12【04】
2011 | 11【06】

2011 | 10【07】
2011 | 09【05】
2011 | 08【03】
2011 | 07【04】
2011 | 06【04】
2011 | 05【05】
2011 | 04【04】

2011 | 03【03】
2011 | 02【06】
2011 | 01【04】
2010 | 12【05】
2010 | 11【05】

2010 | 10【06】

2010 | 09【05】

2010 | 08【04】

2010 | 07【07】
2010 | 06【06】
2010 | 05【06】

2010 | 04【09】

2010 | 03【18】

2010 | 02【03】

 

 

お問い合わせはこちらまで

※法人のお客様はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

2014 | 10_29 | Monday

ギャラリー北欧器のGalleryを更新いたしました。

Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ)

Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ) Carl Harry Stalhane(カールハリー・スタルハン Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ

関東でも木枯らし一号が吹き、
いよいよ一歩一歩、本格的な冬へと近づいて参りますが、
皆様いかがお過ごしでございましょうか。


さて、ギャラリー北欧器のGalleryにて、
Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ)の器、102、103、104、105、106、107を、
Wilhelm Kage(ウィルヘルム・コーゲ)の器、07、08を、
Carl Harry Stalhane(カールハリー・スタルハン)の器、08を更新いたしました。


今回は、フリーベリの作品を中心に、なんとも珍品が揃いました。
初お披露目の作品たちも多数掲載しております。

フリーベリのGalleryの数もお陰様で100を超えて、
そろそろ一巡の様相ではございましたが、
それでも同じものは二つとない、
新発見の品たちが未だに日々出てまいりますので、
終わりのない旅のような楽しさもまたございます。

少しづつ違う角度から、それぞれの器たちの表情をご覧いただきまして、
ぜひ皆様にも新しい美の発見、
さらに新たな再発見をしていただければ幸いでございます。


どうぞご高覧くださいませ。

|-|

 

 

 

 

 

2014 | 10_20 | Monday

ギャラリー北欧器のStockを更新いたしました

Berndt Friberg(ベルント・フリーベリ)

秋深まり、だいぶ冷え込むようになってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでございましょうか。さて、ギャラリー北欧器のStockにて、ベルント・フリーベリの作品たちを新たに更新をいたしました。写真全て総取っ替えにて品物たちを整理整頓して、かなりスッキリといたしました。どうぞ少しだけ大きな画像、違うアングルにてお楽しみくださいませ。季節の変わり目かひどく風邪をこじらせ、何とも苦難の道のりでありましたが、本日ようやく完成を見たのであります。今週はさらに冷たい雨になるとのこと、皆々様はどうぞご自愛くださいませ。

|-|

 

 

 

 

 

 

2014 | 10_9 | Thursday

Ebbe Sadlinの平鉢 shinamono28

Ebbe Sadlin(エッベ・サドリン)

Ebbe Sadlin(エッベ・サドリン)

Ebbe Sadlin(エッベ・サドリン)

1927年〜デンマークのビングオーグレンダール窯に所属した、画家であり、後に新聞等の風刺漫画家として著名なエッべ・サドリンの足付鉢です。こちらの作品は40年代の作品です。ピングオーグレンダールは、ロイヤルコペンハーゲンとともに、デンマークの2大窯として一世を風靡した窯ですが、後にロイヤルコペンハーゲンに買収をされております。しかし19世紀末から画家や彫刻家を雇い、東洋を感じさせる釉の陶芸作品を制作した先駆けとして知られ、先のサクスボー窯の、ナサリー・クレブスやグナー・ニールンド等、蒼々たる作家がキャリアをスタートさせた製陶所です。サドリンも絵の才能を見いだされ、研究生としてキャリアをスタートしております。

サドリン作品ではやはり、この有機的な線の文様が施されている作が魅力的でして、他の作家では絶対に引くことの出来ない、独特で不思議なリズムを感じさせます。何とも幻想を見ているような錯覚が起こり、まさに器に陶酔してしまう感覚でしょうか。赤茶の釉が全体にかかり、捻り文の合間を黒釉が流れ、全体によい表情を出しております。こちらも、北欧モダニズム黎明期を感じさせるよい作品です。状態もたいへんよろしいものです。

お写真一番上
ES0513_1 Ebbe Sadlin 捻り文足付鉢 高さ4.8cm 幅14.5cm 

|-|

 

 

 

 

 

<<2014 | 09   2014 | 11>>

 

Copyright(C) Hokuouki All Right Reserved.